三丁目ライブショウvol.15PAHUMA

EventTitle

三丁目ライブショウvol.15 PAHUMA

  • EventDate

  • Date

  • Open

  • 19:00
  • Start

  • 19:00
  • Charge

  • ¥2800+1ドリンク

三丁目ライブショウvol.15 PAHUMA

OPEN

START

入場無料

+1ドリンク

  • Artist

  • Live

  • PAHUMA a.k.a 金佑龍
  • イベント情報

    2023.05.03 (wed) 『三丁目ライブショウvol.15 PAHUMA 』 open/start19:00 PAHUMA a.k.a 金佑龍 O.A/山羊 DJ/okamm-D 2800円+1drink order
  • 補足情報

  • 追加情報

EventDate

開催日
OPEN 19:00
START 19:00
CHARGE ¥2800+1ドリンク

Profile

PAHUMA a.k.a. 金佑龍

PAHUMA a.k.a. 金佑龍 プロフィール

K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を目指す旅する酔いどれ吟遊詩人。 2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し 2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、 John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.Aや FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。 cutman-boocheを解散後、 2011年中旬からギター片手に日本中旅をする。 2013年6月19日に2年半の沈黙を経て ソロ名義で初のAlbum 「Live in Living」をリリース。 同年10/23にはSOULの伝道師45率いる45トリオ 【45 a.k.a. SWING-O(Key)、Sunapanng(Bass)、久保正彦(Dr)】との コラボアルバム「キム・ウリョンと45トリオ」をリリース。 2014年6月11日にFISHMANSの名曲『ナイトクルージング』を 12インチアナログレコード+CD封入の形式で FLAKE RECORDSの全面協力で全国リリース。 口コミを中心にじわじわ各地でリアクションの輪が出来てきている模様!!! ふわりふわりとヒリヒリの中に メランコリック、トラディショナル、オーガニック サーフミュージック経由の音遊び その隙間に入り込むループサンプリングに 人懐こいハスキーボイスは黒人音楽にも強く影響を受けた痕が見える。 何処かの誰かに似てるようで何処の誰にもないオリジナリティー。 時々3人?6人編成で 全国を絶賛好評行脚中! トムウェイツとチャーリーチャップリンと山田かまちに憧れ ラムとウイスキーと落語が大好物である。 一方、自身のsessionBAND型プロジェクトPAHUMA名義と BIGNOUN名義で河原真(ROCK’A’TRENCH)脇山広介(tobaccojuice)中嶋康孝(スピカ)と結成し活動を始める

山羊

山羊 プロフィール

”1994年12月24日生まれ。 愛知県の山奥に生まれ、豊橋へ至る。 幼少期から音楽的洗脳を受け続け、 ハンクウィリアムスやウディガスリーがMステに出ているものだと錯覚する。 日米フォークソングにどっぷり浸かった幼少期を抜け、ティーネイジャーになる頃には一丁前にパンクロックやサイケデリックなどに凝る。 バンドに憧れるが、卒業アルバムにも書かれたほどの協調性のなさからバンド内の恋愛沙汰を理由にリードとドラムが連れ立って脱退の後、挫折。 「もう、ぼくにゃフォークソングしかねえのかな、、」 偉人たちの歌を引っ提げて、ソロなのを良いことに名前をコロコロと変え、愛知県以外をウロウロとし始める。 未だギター一本歌一本の風来坊。 歌い馴染んだフォークソングをカバーしつつも、オリジナル曲をしたため歌うようになった。 訳あって知り合った音楽方面、芸術方面の方々のお力添えを頂き、2022年に入り音楽活動も増えつつある。